chikuchikutakkuの日記

営業マンのだらけ日記

トヨタかんばん方式:別名ジャストインタイムの裏

今や一家に一台ではなく、一人一台所有されるとも言われる自動車ですが

皆さんはその自動車が作られる工程がどのような仕組みで回っているかご存知でしょうか。

 

知っている方も多いとは思いますが、今回は国内自動車メーカーのシェアがダントツ一位の「トヨタかんばん方式」について僕の意見も含め簡単に説明します。

 

そもそもかんばん方式とはトヨタ自動車が実施している在庫を極力持たない生産管理の方式です。

かんばんというのは必要な情報(部品名、数、仕入先など) が記載された紙です。

 

簡単に説明するならばこの方式は元請け(またはそこに近い組織ほど)にメリットのある仕組みです。

 

 

 

この考え方は「必要なものを必要な時に必要分だけ作る」というもの。

これに沿って元請けは「この部品、〜までに〜個作って持ってきてね」

と発信すると下請けの企業は自分の会社で生産に要する時間を差し引いて

「この材料、〜までに持ってきてね」と発注するのである。

 

そうなってくると孫請け、さらには曽孫受けになればなるほど納期が

短くなり材料の調達が難しい等、苦しい立場になります。

 

孫請け、曽孫受けに材料を供給する立場の企業はすでにそれに備えて在庫を抱えている

というのが現状です。常日頃、スムーズに供給するためにはある程度の在庫を

抱えた方が業務効率はいいのです。

 

在庫を持たない生産方式って言ってたよね?本末転倒では。と思われた方、

それでいいのです。トヨタから見れば。自分たちは在庫を持っていないから。

 

大元の企業が考えたシステムなので大元にメリットがあるのは当たり前ですが

在庫リスクを下へ下へと擦りつけているのも事実です。

 

大元の企業は一番下の企業(規模の大小ではなく流通)の現状は把握しているのでしょうがこの問題を解決することは難しいでしょう。トヨタから見れば、それを承知で仕事引き受けたよね?という話でもありますから。

 

大手企業でも人手不足に悩んでいるのに孫請け企業なんかはさらに人材確保に苦戦を強いられると思います。

どういった対策をしていくのか気になります。