chikuchikutakkuの日記

営業マンのだらけ日記

「営業として」先手を取るとは

こんばんは。GW終盤から鼻声です😷朝と夜はまだ寒いですね。。。

 

さて普段仕事で営業活動をしているのですがお客さんに

こういう見積もりもらったんだけど御社だといくらで対応できそう?

 

という見積もりの仕方をされることがあります。お金の交渉です。

このような連絡があると

 

客先と仕入先(僕の会社)の間で伝言役やってるだけやん。」

 

と思う。こういう聞き方意外と多い気がします👀

 

僕がその人の立場で両社の間に入るならまず客先と

  • 現状はいくらでやっているのか聞く
  • やっていないなら予算はどの程度なのかある程度聞き込む

どちらにせよ客先にとって利益の出る価格帯を絞って、自分の口銭を

差し引いた価格で、

 

こちらの見積もり〜円前後であれば

注文が決まるのですが対応可能でしょうか

 

という切り出し方をして徐々に相手と折り合いをつけていくやり方をします。

 

見積もりの内容次第ですが、仕入先にとっても悪くない内容の場合は

 

こちらから指値を言ってみると相手(仕入先)もその価格で見合うやり方

コストダウンが出来ないかと模索してくれます。

 

僕の会社はそう言った見積もりを受ける事が多い立場なので

普段は交渉をされる側ですがこのような切り出し方をされると

おお〜😏となってお客さんの波に飲まれそうになります。。。

 

こういう交渉を実際にされるととても勉強になり、面白いです😳

 

 

 

という長い文章だけの回になってしまいました😓

 

おやすみなさ〜い😴